オンラインカジノの運営と違法性

運営すれば儲かるだろうと思われているのがオンラインカジノです。実際のカジノも運営してみると結構儲かるとされていて、結構小さいところから大きなところに発展するなどの情報が多く掲載されています。しかし日本人がオンラインカジノを運営することは違法となっています。運営については日本で行っていることのため、日本の法律が適応されてしまうからです。

違法か?合法か?

日本はカジノを違法としている

カジノが日本で使うことのできない問題として、基本的に違法としている部分が大きな要因となっています。通常なら違法とならないサービスを使うことによって、ギャンブルを楽しむことが出来るのですが、日本ではカジノが解禁されていることはありません。そのため解禁されない限りは違法扱いとなりますので、利用することも違法となります。
日本ではオンラインカジノも駄目とされているので、運営することは許されていません。日本のサーバーを使ってオンラインカジノのようなゲームを投入することができたとしても、そのサービスを使っていることで違法扱いされてしまう可能性は十分にあるのです。

海外においても駄目なものは駄目

次に海外にオンラインカジノのサービスを置くようにして、日本で運営している場合については、違法になります。この方法も海外で行っていると判断されることはなく、日本で運営されているオンラインカジノとして扱われることになりますので、当然違法扱いになって逮捕されます。実際にこうした方法を行った人が逮捕されている事例もあります。
海外にサーバーがあると言っても、結果的に運営しているのが日本になっているならそれは違法となってしまいます。サーバーのある場所ではなく、現在運営されているところが海外になっていないと合法のような扱いを受けることはありませんので、最終的に日本で何かをしているなら逮捕されても仕方ないのです。

オンラインカジノが合法な国で運営している場合のみ問題なし

問題にならないのは、オンラインカジノを合法としている国や地域にサーバーを持っていき、その場所で運営していることです。入出金などの状況も全てそこで行う必要がありますので、勝手に日本で行ったりすると違法になります。
かなりの確率で違法とされてしまうオンラインカジノの運営は、そもそも参入しても厳しいところもありますので、最近は参入するところが大幅に減っており、違法扱いで逮捕されることもそこまで多くありません。